本文へ移動

理事長挨拶

ご挨拶

 組合員そして関係団体の皆様には、平素から格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 当組合は、昭和12年に発足以来、近代水道発祥の地であり日本最大の政令指定都市の横浜市において、給水、排水、空調、消火など管工事を営む個人事業主、中小企業により組織(組合加入者は約300社)され運営をしております。  
 組合員は、横浜の管工事に携わる誇りと安心安全への責任を胸に、それぞれの時代において、水道設備などライフラインの維持・向上そして生活環境の発展に貢献し、社会的役割を果してまいりました。また、毎年、行政や市民と連携した防災訓練の参加協力や、かならず訪れる自然災害に備え、技術の研鑽と更なる準備をしております。(昨年度は、組合員の協力にて160ヶ所以上の学校や病院での防災訓練に参加をし、各所で実地訓練に協力をさせていただきました。)
 
 
 広報によると政府は最近多発している自然災害よりライフラインの重要性に鑑み、最新の政策にも重要政策の一つとして次のように打ち出し、取り組みが進められております。
 <「水道ビジョン」を「安全」「強靭」「持続可能」という3つの観点からの方向性を示し、命の水、水道を始め様々な生活環境設備の向上、良質な都市基盤の整備・維持管理を適切に実施する。>
 組合では、こうした政府や行政の方向性や業界を取り巻く労働人口の減少、スピードを速め進化の止まらないテクノロジー、年代による価値観の変化など多様な問題点やリスクを念頭におき、マクロ的視野をもって社会貢献事業を進めると共に、組合員の皆様のお役に立ち、必要とされる組合であるよう、事業運営を推進しております。

 今回のホームページリニューアルは、当組合会館改修と共に令和元年度の目玉になる「見える化」推進事業であります。組合員皆様そして関係団体の皆様におかれましては、情報満載の新ホームページを能動的にご利用賜り、新HPが当組合の情報ステーションとして、また会社発展や社会貢献への一助となれば、幸いに存じます。 

 今後も、より一層「人の和」を大切に、次世代に繋がるよう(運営の中心テーマ)、また全員参加型を基本とした魅力ある組織に発展するよう、使命感をもって様々な事業を創造し、遂行してまいりますので、温かいご支援、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
 
理事長 石田 隆 
TOPへ戻る